伊藤正樹の父親・母親は?姉と彼女についても!

突然ですが、「リオデジャネイロ」と聞いて何が連想されますか?

サンバ、カーニバル、とにかく陽気で明るい雰囲気、筆者はそんな事を連想しますが、2016年は違いますね!

8月5日から開幕するリオ五輪でしょう!

全世界のアスリートがこの日の為に辛く厳しい練習を重ね、やっと手にした代表の切符を片手に今や遅しと武者震いしている頃でしょう。

そんな中でとある選手にまさかのアクシデントが発生しました。

トランポリン代表伊藤正樹選手が競技会の演技中に腰を痛め、演技を中止し車いすで運ばれました。

五輪出場には支障ないとの事ですが、最後の調整期間でのアクシデントなだけに不安が残ります。

とはいえ、前回ロンドン五輪で4位の実力者。

日本初となるトランポリンでのメダル獲得が期待されている選手ですから乗り越えてくれるはずです!

 

<スポンサーリンク>

 

伊藤正樹選手の家族は?

さて、実力のある選手の才能は、やはり実力のある親の英才教育があってこそ花開くもの。

正樹選手のご両親もさぞ有名なアスリートだったのであろうと調べたところ、両親の話はほとんど見当たりませんでした。

ただ、2歳の頃から体育クラブに通い、水泳や体操など色々な運動に触れさせ、興味を持ったものがあれば全力で応援しようというスタンスだったようです。

しかし、近年でこそアスリートの常識となっているイメージトレーニングをいち早く取り入れ、幼少期から受けさせるあたり、さすが五輪選手を育てるだけのアンテナだなと脱帽しました。

年の離れた兄と姉がいらっしゃるようですが、トランポリンを始めたのは9歳上の姉の影響だそうです。

伊藤正樹選手に彼女はいるの?

プロフィール写真を見るにかなりイケメンな伊藤選手。

これは世の女性たちは放っておかないのでは?と思ったものの、そんな浮いた話はゼロ。

それもそのはず。というのも母の久美さんは乳がんを患っているそうで、伊藤選手はそんな母の闘病生活を支えながらの生活。

トランポリン選手としての目標もメダル獲得という所にとどまらず、メダルを獲得する事でトランポリン競技をメジャーなスポーツへ押し上げ、

スポンサーがつくような人気競技になれば競技人口が増え、レベルアップにつながる。

そんな想いをゴールにしている伊藤選手には恋愛の入り込む隙間はないのかもしれません。

<スポンサーリンク>

伊藤正樹選手とトランポリン

小学校に入学した頃にトランポリンを始め、小学校3年生の時に早くもオリンピック強化選手の1期生として選出されています。

運動全般が得意だったがトランポリンは別格だったとのこと。

よほどセンスがあったのでしょう。世界ランク1位に2度なったり、ロンドン五輪4位、その他の世界大会でも上位入賞を連発。

ですがそもそもトランポリン競技についてあまり馴染みがないですよね?どんな競技なのか簡単にまとめてみました。

・フィギュアスケートのような採点競技
・20秒で10種類のジャンプを競う
・美しさ、難易度、高さの3点で評価
・跳躍に失敗した時点で演技が強制終了される
・トランポリン中央部のジャンプゾーンより外に出ると減点

伊藤正樹選手はというと、高校三年間で徹底的に美しく見せる技を磨き、日本人では彼にしかできない世界でも数人しかやらない大技を成功させ、他の選手が6m飛ぶところ8m飛ぶ跳躍力。

メダル獲得期待しちゃいますよね。

まとめ

たぐいまれな才能を開花させどんどん世界レベルでトップ選手に成長してきた伊藤正樹選手ですが、けして平たんな道のりではなかったようです。

しかし、だからこそ、トランポリン競技を広げたい、活性化させたいという想いと、そのために今自分が何をするべきなのか。

それを真っ直ぐに見据えている、そんな印象を受けました。

競技開始は日本時間で8月13日の深夜2時。

なかなか遅い時間ですが、アクシデントに負けずに最高のパフォーマンスを見せてくれるであろう伊藤選手を、

たかだか睡魔に負けて応援しないわけにはいきません。

是非みんなで応援しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です