吉村真晴の家族についてー父親&弟と彼女を調査!

この記事は3分で読めます

いよいよやって参りました第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)。

8月5日~8月21日の17日間におよぶ激闘の開始を告げる聖火がもう間もなく点火されようとしております!

全28競技306種目!その中でも今回注目したいのが男子卓球の選手です。

女子の卓球であれば「愛ちゃん」の愛称でお馴染みの福原愛選手がマスコミへの露出も多く、すぐにイメージが浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

一方男子の選手ですぐに名前が出てくる方は愛ちゃんと比べれば少ない印象です。

それは弱いからじゃ・・・

いいえ!あなどるなかれ、男子の代表選手3人ともが世界トップランカーなのです!

世界ランク5位「水谷隼」選手、12位「丹羽考希」選手、そして今回特に注目したいのが男子卓球3人目に選出された

「吉村真晴」選手です。

世界ランクは18位。

 

<スポンサーリンク>

吉村真晴選手と両親について!

いきなりですが吉村選手のお名前「真晴」読めますか?

マハルと読むのですが、ありそうでなさそうな名前ですよね?

これは母親がフィリピン共和国出身で、公用語であるタガログ語で「愛する」という意味だそうです。

なるほど、世界遺産タージマハルのマハルか、と思い一応調べてみたところ、あまり関係はないようでした(汗)

そんな真晴選手は1993年8月3日生まれ。

リオ五輪2日前なんですね!

なのでリオで誕生日を迎え、試合をしている頃には23歳。

これだけ若くして日本代表選手になるということは・・・そうです、父親の弘義さんも元卓球の選手。

だけでなく、名門「東海クラブ」でコーチを務め、昨年には卓球教室「ヨシムラスポーツ」を開かれ地元の卓球強化に努められております。

こんな弘義さんに小学校6年間マンツーマンで指導を受けていたと聞けばその実力も納得です。

吉村真晴選手と兄弟について!

真晴選手、実は三人兄弟の長男。

次男・和弘君、

三男・友斗君。

卓球の吉村三兄弟といわれるほど兄弟も強いようです。

次男の和弘君はH25年度全日本選手権ジュニアS1位を獲得しており、高校、大学と真晴選手と同じ卓球強豪校へ進学。

先日7月27日に20歳になったばかり。

Twitterを覗かせていただいたところ、モンスターを街中でゲットしまくる話題のゲームにはまっている一面も見せ、
卓球を離れれば普通の若者なんだなとほっこりしました(笑)

しかし、ひとたび卓球をすれば世界ランクに入るほどの実力。

近い将来兄弟対決が見られるかもしれませんね!

三男・友斗君もそうとうな実力者。

しかし、兄たちとは少し違いオシャレに興味がある様子。

髪を染めたり、ピアスを開けたり、パーマをあてたり。先日はとある美容院のカットモデルとして写真を撮られたんだとか。

友斗君は進学ではなく社会人としてこの春から歩き出した様子。

社会人実業団の選手として活躍を見せてくれるのでしょうか?

2020年東京五輪で吉村三兄弟で団体戦!なんて見らると盛り上がるでしょうね!

 

<スポンサーリンク>

吉村真晴選手に彼女は?

もともと実力のあった吉村真晴選手ですが、一躍脚光を浴びたきっかけは2015年の世界卓球においての混合ダブルス準優勝ではないでしょうか。

というのも世界選手権でのメダル獲得はじつに38年ぶりの快挙。

ペアを組んだのは石川佳純選手。

愛ちゃん2世、実力は愛ちゃんをも凌ぐとさえ言われているほど。

そしてなんとも爽やかでかわいらしい笑顔。

年齢も真晴選手とほぼ一緒。

お互いを信頼し、厳しい世界選手権を共に戦い、二人で手にした銀メダルという確かな成果はやがて恋愛に発展・・・しなかったようです(笑)

噂になればいいのに・・・と真晴選手は冗談半分で望んでいた節はあるようですが。

一時期女子高生とのツーショット写真が出回り「彼女では?」なんて噂もあったようですが、単なる同級生。

卒業の時に学校の女子たちが将来有望な卓球選手と記念に一枚撮っておきたかった、というのが真相なようです。

恋愛は卓球のようにはいかないようですね。

まとめ

というわけで、吉村真晴選手の周りを調査してみました。

調べれば調べるほど真晴選手自身も周りも卓球一筋。これはもうメダル獲得期待大ですね。

8月5日に開幕するリオ五輪、開会式翌日の6日には早くもシングルスの予選が始まります。

メダルがかかった準決勝・決勝は11日。そして12日からは団体戦がスタート。

準決勝は15日、決勝は17日。文句なく実力でのし上がってきた吉村真晴選手を私たちも寝不足と闘いながら応援しましょう!!

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



群馬県前橋市出身。
永遠の20代男性。

芸能界だろうが、そこらに転がっている石ころだろうが、実は目を凝らし見てみれば学ぶことは多い!
様々な情報を深い視点から切り込みます!
・・・と言いつつ当たり障りのないことしか言ってなかっり・・・