伊勢田愛がかわいいと話題?調理師免許も持っている?

この記事は2分で読めます

昨年、オマーンのマスカット近郊で行われた、セーリングのRSX級世界選手権で、見事日本勢最上位の21位に入り、リオ五輪代表に決定した、伊勢田愛選手についてみていきたいと思います!

伊勢田選手、お名前は愛と書いて「めぐみ」と読むんですね。

1987年6月30日の滋賀県出身。現在29歳の伊勢田選手。

あまりメジャーではないこの競技に触れ合い、五輪選手なったのは、なぜ?なんでしょう。

実は、伊勢田選手のご実家は、琵琶湖から徒歩5分の場所で、

「ビワコPROウィンドサーフィンスクール」を一家で経営されています。

そして、父親の稔さんはなんと!

2013年の全日本アマチュアウエイブ選手権メンズスペシャルクラスで準優勝した現役選手です。

稔さんの夢が、「娘に五輪に出てほしい」事だったそうで、父として、同じ競技者として、本当に心から歓喜したのではないでしょうか。

伊勢田選手は、小さい頃から水上スポーツに慣れ親しむ事ができる環境が身近にあったんでしょうね!

本格的にウインドサーフィンを始めたのが同志社大学に入学してからという事ですが、やはり、小さい頃の環境や家族の影響って大きいですよね。

それまでの経験が、競技者としての成長を加速させたんではないでしょうか。

そんな伊勢田選手について、もう少し詳しくみていきましょう!

<スポンサーリンク>

伊勢田愛がかわいいと話題?

同志社大学3年時、全日本学生ボードセーリング選手権で優勝し、就職はせずに ウインドサーフィンの競技選手となった伊勢田選手。

在学中より滋賀・大津市内の居酒屋でアルバイトをしながら競技に励み、多い時は週に5日働いていたようです。

現在は、福井県体協に所属していて、セーリング特別強化コーチを務めている伊勢田選手。

県内での選手指導もされていて、教育者の一面もあるんですね。

とても努力家の伊勢田選手。

ネット上の写真をみていても、笑顔が素敵な写真ばかり。

リオ五輪のインタビュー動画で、

「道具も高額だったり、遠征費もすごいかかるので、少しでも支援して頂けると嬉しいです」

と笑顔で言っていた時は、私も思わず応援したくなりましたね。

やはり、笑顔がとても素敵です。

ネット上ではタレント・矢口真里に似ていると評判のようですが、

ジャンルが違いますよね。
矢口さんは・・・・まぁ色々とありまたしね・・・・(笑)

伊勢田愛選手の小麦肌で健康的な姿は、可愛いというよりは、かっこいい!という印象です。

残念ながら彼氏の情報はありませんでしたが、今は、競技が彼氏、というところでしょうか。

調理師免許も持っている?

大学在学中より、居酒屋でのアルバイトにいそしんでいた伊勢田選手は、なんと!調理師免許を持っているんですね。

居酒屋でのアルバイト、というと、ホールスタッフかな?と思いがちですが、

伊勢田選手は、ご家族が経営するキャンプ場で料理を提供している、母・淑子さんが調理師免許を持っていた為、

「自分も持っておいたほうがよい」と免許を所得したそうです。

伊勢田選手の得意料理は、日本食で一番好きな「親子丼」。

海外遠征時も、ちゃんと自炊しているようです。

心技体が命のスポーツ選手は、栄養面のサポートがとても大事ですよね。

しかし、現在は海外遠征の費用は支給されず、大口のスポンサーもいないため、すべて自身で体の調整していかなくてないけません。

マイナー競技ですから、やはり日本でスポンサーを見つけるというのは、かなり厳しいでしょう。

ですので、栄養バランスを意識したメニューなどを作る場合、調理師免許をもっていることはとても役立っているのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

【まとめ】

熾烈な競争の中、コーチがいない中でも、リオ五輪の切符を勝ち取った伊勢田選手。

自然の風力で水上を時速50キロのスピードで滑走するウインドサーフィンという競技は、一般的には、まだまだマイナー競技。

関西での競技者が少ないそうで、一人で練習という日が多く、目標を見失いそうになったこともあったとか。

大口スポンサーもいない中、ひたむきに努力し、夢をあきらめなかった彼女は、はたしてリオ五輪で活躍することができるでしょうか?

琵琶湖とともに育ち、魅力的な大自然の中で、水上スポーツを楽しむ人がもっと増えれば、と願っている伊勢田選手の、リオ五輪での素晴らしい戦いを期待しています!

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



群馬県前橋市出身。
永遠の20代男性。

芸能界だろうが、そこらに転がっている石ころだろうが、実は目を凝らし見てみれば学ぶことは多い!
様々な情報を深い視点から切り込みます!
・・・と言いつつ当たり障りのないことしか言ってなかっり・・・