荻田大樹がイケメンと話題!結婚相手はスプリンター?

リオ五輪の男子棒高跳び日本代表の荻田大樹(おぎた・ひろき)選手がイケメンアスリートとして話題を呼んでいます。

「重力に逆らう男」らしい身長185cm、体重78kgの堂々たる体躯でしかもイケメンとなると、女性ファンが熱い視線を注ぎそうですが、

どうやらすでに結婚しているようです。

お相手も一流のアスリートらしいのですが、そのへんも含めて話題の荻田大樹選手について調べてみました。

<スポンサーリンク>

ポール王国香川県で中学時代から棒高跳びを始める

まず荻田大樹選手のプロフィールを簡単にご紹介しておきましょう。

「だいき」と読まないで「ひろき」と読んでくださいね。

現在28歳の大樹選手は1987年12月30日という年の瀬に香川県の観音寺市に生まれました。

香川県は「ポール王国」と呼ばれるほど棒高跳びが盛んな土地柄で、その影響で荻田選手は中学時代から棒高跳びを始めました。

陸上競技の名門校である県立観音寺第一高校に進学してからは本格的棒高跳びに取り組み、
3年生のときに国体少年の部で優勝しています。

2006年に関西学院大学に入学するとすぐに頭角を現し、その年の7月に日本ジュニア選手権で自己ベストを更新する5m20で優勝しました。

大学時代の目立つ成績としては、
・2008年、関西学生対校選手権で学生記録を更新する5m56を記録を樹立
・2009年、香港での東アジア競技大会優勝。
などがあります。

ロンド五輪出場を逃したリベンジを果たす

2010年にはミズノに入社して選手生活を続けることになりました。

入社当時の成績としては2011年に国体成年の部で初優勝があります。

翌年は日本ジュニア室内大阪大会で5m60を記録してロンドンオリンピック派遣標準記録を突破しました。

しかし選考会を兼ねた日本選手権での成績がふるわなかったために、惜しくも代表の座を逃しました。

その後は、2013年、2015年との世界陸上競技選手権大会に出場するなどでキャリアを重ね、2016年6月に自己ベストタイの5m70を記録してリオ五輪派遣標準記録を突破して念願のオリンピック代表選手に選ばれました。

<スポンサーリンク>

奥さんの弘実さんは200m走関西ナンバーワンのスプリンター?

気になる荻田大樹選手の結婚相手ですが、ネット上にある情報としては結婚したのが2013年で名前が弘実さんだということ、お相手もアスリートでそれも一流のスプリンターらしいということくらいです。

そこで弘実さんという名前を頼りに探してみると、2009年度の関西の学生女子200mベストタイムランキングの1位に長濱弘実という選手の名前がありました。大学が荻田選手と同じ関西学院大学で、しかも学年が同じです。

100%確実とは言えませんが、この弘実さんが荻田弘実さんである確率はかなり高いと言えそうです。

もし間違っていたらごめんなさい。

それにしても一流アスリート同士の結婚となると、生まれてくる子供さんの運動神経もおおいに楽しみです。

まとめ

ポール王国の香川県出身のイケメンアスリート荻田大樹選手は、地元の陸上競技名門校の観音寺第一高校で頭角を現し、国体少年の部で優勝してから順調に棒高跳び選手としての実績を重ねてきました。

関西学院大学では東アジア競技大会の優勝などでキャリアを積んで、2010年にミズノに入社してさらに実力を伸ばしました。

2012年には惜しくもロンドン五輪への切符をのがしたものの、このたびはみごとりべんじをはたしてリオ五輪の代表の座を獲得しました。

2013年にアスリート同士で結婚した弘実さんのためにもリオではメダルを目指して頑張ってほしいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です