寺内健がイケメンだけど結婚は?弟も飛び込み選手で元代表!

96年アトランタから4大会連続で五輪に出場し、2009年に一度は引退するも、2011年現役復帰。

そして2015年、世界選手権9位となり、2016年のリオデジャネイロオリンピックで自身5度目となる代表に選ばれた寺内健(てらうち けん)さん。

鍛え抜かれた筋肉に切れ長の目、精悍な顔つき。

日本の武士をほうふつとさせる和風イケメンです。
飛び込み競技を長きにわたり牽引し、今もトップとして走り続ける彼に注目しました。

<スポンサーリンク>

寺内健さんって、どんな人?

寺内さんは1980年8月7日生まれの36歳。

兵庫県宝塚市出身です。水泳を始めたのは生後7カ月のとき。

母親がJSS宝塚スイミングスクールに連れて行ったのがきっかけ。

当初は競泳選手として努力していたものの、タイムが伸びずに競泳選手として岐路に立たされていた矢先、
スイミングスクールに併設されている高飛び込みのコーチである馬淵崇英さんから声をかけられます。

それは意外にも飛び込みへの転向でした。

輝かしい功績と挫折

飛び込みに転向してからは馬淵コーチと二人三脚で練習を積み上げます。
宝塚市立光が丘中学校2年生の時に日本選手権の高飛び込みで史上最年少での初優勝。

これを皮切りに、寺内さんは数々の金字塔を打ち立てます。

1996年、此花学院高等学校1年の時にアトランタオリンピックに出場。

高飛び込みで決勝に進出(10位)します。

2000年、シドニーオリンピック出場。

高飛び込みで日本人史上最高位の5位に入賞、同時に3m飛び板飛び込みでは64年ぶりとなる8位に入賞!

2001年には世界選手権に出場し、3m飛び板飛び込みで銅メダルを獲得(世界選手権の飛込競技で日本初のメダル)しました。

しかし、目覚ましい活躍の裏には厳しい現実もあります。

2001年の世界選手権は膝蓋靱帯炎のため、残り2種目を無念の棄権。

これ以後、高飛び込みを断念し、板飛び込みに専念するようになります。

さらに2002年2月には膝を手術することに。

1年間のリハビリの結果、復帰戦となった日本選手権では自己最高点をマークして優勝するのです。

五輪連続出場の快挙!

競技者として第一線を走り続ける寺内さんですが、甲子園大学を卒業後も現役を続行。

競技を続けるにはやはり収入の道も考えねばなりません。

2004年のワールドGPカナダ大会で国際大会初優勝し、その勢いで8月、アテネオリンピックに出場し、3m飛び板飛び込みで8位になります。

その翌年の2005年には、JSS宝塚スイミングスクールに入社、社会人競技者として道を歩み始めます。

さらにその後もタイトルラッシュは続き、2008年8月、北京オリンピックに出場。

日本の水泳選手初の五輪4大会連続出場を果たしますが、3m飛び板飛び込みでは11位という結果に。

この翌年の2009年4月、現役引退を発表します。

寺内さんはミズノに入社し、水泳事業の企画や営業などに携わることを表明し、本格的なサラリーマンになることを決めるのでした。

なぜ引退?

寺内さんはなぜ引退したのでしょう?

出場4回目となる北京五輪の年、彼は28歳。

メダル獲得という自らの目標には到底及ばぬ結果が彼を待っていました。

度重なるオリンピックの重圧とメダルに届かなかった無念、そして28歳という年齢から来る「一刻も早い就職を」という焦りから、引退を決断したようです。

その一方、現役への未練もあったのも確か。

だって20年以上、飛び込み競技にこだわってきたんですから。

それをめざめさせてくれたのが、寺内さんが戦友と呼ぶ北島康介さんの
「もう一回やらないの?」
のひと言でした。

2010年、ミズノが主催する水泳競技会での一コマだったと言います。

そして2010年8月6日、2012年のロンドン五輪出場を目標に、2011年の国際大会代表選考会で現役復帰することを表明します。

現役復帰にともなってミズノを退社したため、一時はフリーの状態でしたが、2011年1月にミキハウスへ。

同年には2011年、代表選考会・3m飛び板飛び込みで2位に食い込んだのでした。

<スポンサーリンク>

兄弟は?

寺内さんがそこまで競技者としてこだわるのは、ほかならぬ弟さんの存在もあるのでしょう。

弟さんは寺内佑彼もまた飛び込みの競技者で、過去2回にわたってオリンピックに出場を果たしています。

こうした兄弟間の切磋琢磨も、現役続行への刺激になったのかも知れません。

結婚は?

和風イケメンな寺内健さん、彼女の存在や結婚は? と皆さん、熱心に調べているわけで。

寺内さんは2013年10月にご結婚されています! やっぱり!

飛び込み競技の後輩で北京・ロンドン五輪の2大会に出場した中川真依さんのブログには、
神戸のオープンガーデンで披露宴を行う寺内健夫妻の幸せそうなウェディング姿がアップされています。

それにしても絵に描いたような美男と美女の結婚披露宴。

宴席には親友の競泳・北島康介さんやオリンピック仲間なのでしょう、
陸上の朝原宣治さんも出席し、盛大なパーティーになったようです。

飛び込みと競泳パンツの関係は? そしてリオ五輪へ・・・!

最後にどうして飛び込みの選手は競泳用パンツなのか、疑問に思った事はありませんか?
観客とすれば、寺内さんの素晴らしい肉体をあますところなく拝見できるのでいいのですが、着水と同時に水着が脱げてしまうのではないかと不安になりますよね。

この疑問に、Yahoo知恵袋はしっかりと答えてくれています。

2010年10月18日のアンサー:
「飛び込みに興味があって一度体験教室に参加したことがあります。申し込む際に水着の事を聞いたら、持っているならばビキニタイプが良いですよと言われました。水泳選手がスパッツタイプなのに飛び込みはビキニタイプという質問者さんと同じような疑問があったので当日コーチの方に聞いてみたら、入水時の感覚が分かりやすいとか水着が小さい分だけ姿勢をきれいに見せられるからと簡単に教えてくれました。
実際飛び込みをやってみて素人の私は入水がきれいにいかない分、水着が脱げそうな感覚はありましたが、選手だと入水がきれいなのでそのような感覚はないみたいですよ。」

 

最近は資金不足からトップアスリートが自分のフルヌードなどで競技を続行する資金を稼ぐという涙ぐましい努力がいる中で、ほとんど隠すところがないという競泳用パンツ。

寺内さんは大量に持っているといううわさも。

飛び込みが美しさで得点の決まる競技だからなのでしょうね。
リオ五輪ではどの水着で勝負に挑むのでしょう?

日本の期待と自身のメダルへの執念を胸に、リオでも大活躍してもらいたいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です