星奈津美の使用水着とコーチは?練習・トレーニング方法と食事について!

いよいよ目前に迫ったリオ五輪!

夏季五輪の中でもかなりの盛り上がりを見せる競技の一つが、競泳です。

金メダルが期待されるとして注目されているのが、競泳日本代表メンバーの星奈津美。
2012年ロンドン五輪の200mバタフライで銅メダルを獲得、2015年世界選手権で優勝、と好成績を残してきた彼女は、リオ五輪でも活躍が期待されています。

今回はそんな星奈津美選手の使用水着とコーチ、そして練習方法や食事など、徹底的に調べてみました!

<スポンサーリンク>

星奈津美の使用水着とコーチは?

現在、星奈津美選手が使用している水着は、ミズノスイム『GX・SONIC III』です。

この『GX・SONIC III』に関して、星奈津美選手は

「水着はもう進化しないと思っていたのに『GX・SONIC III』は明らかに違いを感じる」
(引用元 https://www.mizuno.jp/contents/kodawari/swim/gxsonic.aspx)

と語っていましたね。

ちなみに、『GX・SONIC III』が発売される以前は、『GX・SONICⅡ』を使用していたそうです。

 

 

それでは、気になるコーチは誰なのでしょうか?

星奈津美選手のコーチは、

北島康介など数々のメダリストを指導してきた平井伯昌さんです。

 

バセドウ病を患い、その原因である甲状腺を取り除く手術をした星奈津美選手は、
手術の傷口が開いてしまうのではないか、とバタフライの練習を怖がっていたそうです。

 

しかし平井伯昌コーチは、そんな彼女を自信が持てるように指導し、世界水泳2015での金メダルへと導きました。

そんな素晴らしいコーチの下で指導を受け、星奈津美選手は大きく進化してきました。
リオ五輪でも期待が持てますね!

ちなみに、このバセドウ病ですが、実はうちの親がなりまして、一時期一気に痩せていった時期があったんです。

 

どういう病気かというと、寝ている間も走り続けているような状態で、常に疲れていて身体が痩せていく甲状腺の病気です。

服薬して安定しましたが、原因はやはりストレスだったようです。

 

皆さん、やはりストレスはNGです。

無論、外的な圧力としての「ストレス」ってのは、人間が成長していく上で必要なものだと思いますが、

それも解釈によっては内部で増幅されますからね。

「上司に怒られた、あぁ なんか最近こんなんばっかだな、マジ最悪だな。」みたいな。

 

うちの母親もそういうタイプだったんですね。

外には出さないで我慢しているんですが、内面では常に文句言ってました。

 

実際、口を開けば家では愚痴しか言ってなかったです。

私はそれに付きうあのがストレスなので、さっさとその場から離脱してましたがね(笑)

 

そんなところで、働いている自分が悪いのであって、私に言わせれば「言い訳してんじゃないよ」と。

 

ストレスに対しですが、対処法は単純でもっとニュートラルに捉えればいいだけかなと。

つまり、

上司に怒られた→「よ~し とても良い勉強になった、なんてラッキーなんだ!」

という無理なポジティブシンキングではなくて

上司に怒られた→「あぁ 何だこれはダメなんだ。ハイハイ、じゃぁ次からこうしますよ。」

て感じですかね。

 

とはいっても、やはり思考の転換についても練習が必要ですがね。

<スポンサーリンク>

 

星奈津美の練習・トレーニング方法と食事は?

 

それでは、活躍し続ける星奈津美の練習・トレーニング方法と食事について見ていきましょう!
まずは、練習・トレーニング方法です。

バタフライでは背筋はあまり鍛えず、腹筋がより大切だそうです。
星奈津美の腹筋のトレーニング方法は、

「寝転んで片方の脚のヒザを立てた状態で、腰を床にピタリとつけて鍛えたい下腹部に力を入れたまま、ヒザを曲げていない方の脚を上げる

メニューなどだそう。

 

また、前腕部を鍛えるため、腕にパドルをはめて泳いだり、クライミングウォールを取り入れているそうです。

なるほど、クライミングというのは意外でした。

 

確かに、重力に逆らって上に登っていく行為は、水の抵抗に逆らう運動と似ていますからね。

しかも、水泳では普段使用しない筋肉も適度に使用されるでしょうから、効果がありそうですね

 

ウェイトをやるよりは、バランスの良い筋肉を付ける意味では、もしかしたら最適かもしれません。

 

そして、気になる食事面についてはどうでしょうか?

星奈津美はかなり食事に気を使っているそうです。

・体重のコントロールをしやすくするため、炭水化物よりもお肉や野菜を食べる
・練習後の早い時間に食事をしたほうが栄養素を吸収しやすいため、おにぎりを練習施設まで持っていく。

 

など、体重を一定に保つために食生活を意識しているとのこと。

 

常に身体の状態を保たなければいけない競泳選手。
やはり、パフォーマンスを保つためには、最もコンディションが良い体重をキープすることが重要なんでしょうね。

 

私は自転車競技やってますが、ヒルクライムになるとやあhり体重コントロールはシビアです。

水泳も同様でしょう。

体重が増えれば、当然その分遅くなりますからね。まぁ あまり削ってはダメな場合もありますが。

まとめ

今回は星奈津美選手の使用水着とコーチ、そして練習・トレーニング方法や食事についてまとめてみました。

輝かしい成績を残してきた星奈津美ですが、その彼女を支えてきたのは素晴らしいコーチや、

本人の弛まぬ努力だということがわかりましたね!
練習や食事管理など、選手としていろいろな面から自身を強化する星奈津美の姿勢が、彼女の活躍の土台となっているのでしょう。
リオ五輪や今後の大会での彼女の活躍に期待です!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です