清水咲子のコーチと水着について!練習・トレーニングについても調査!

リオ五輪がもうすぐですね。

最近リオの選手の記事ばかり書いてますが、今回は水泳の清水咲子選手にクローズアップしたいと思います。

言うまでもなく、清水咲子選手はリオデジャネイロ五輪400m個人メドレーの日本代表選手ですね。

そして日本記録保持者でもあります。

そんな清水選手のコーチやトレーニング用の水着、トレーニング内容とはどんなものか調べてみました!

<スポンサーリンク>

清水咲子とは?

まずは、清水咲子選手についてご紹介します。

生年月日:1992年4月20日
出身:栃木県那須町
身長:156cm
血液型:A型
所属:作新学院高校→日本体育大学→ミキハウス

リオデジャネイロ五輪の日本競泳代表選手で、種目は400m個人メドレーです。
先も書きましたが、400m個人メドレーで4分35秒04の日本記録保持者ですね。

 

個人メドレーのなかでもバタフライと平泳ぎが得意だそうです。

バタフライなんて鬼キツイ上に、クロールより遅いという苦行にも似た競技種目ですよね

私も水泳やっってただんで分かるんですが、あの泳ぎてって何の意味があんの!?

 

・・・・・さて話を戻して。

清水咲子選手は4歳のとき、3歳年上のお兄さんがやっていたのをみて「自分もやりたい!」とご両親に迫ったのがきっかけで、水泳を始めています。

楽しそうという理由で始めましたが、負けず嫌いな性格なようで「大会に出るなら1番になる」という気持ちを持っていたそうです。

 

中学時代に宇都宮市にある「みゆきがはらスイミングスクール」に週6回通い始めました。

自宅の那須町から1時間かかるそうですが、ご両親が送迎してくれたそうですよ。

 

一流アスリートのインタビューを見ていると、ご両親の協力は欠かせないものですね。

ちなみに、みゆきがはらスイミングスクールと作新学院の後輩には、ロンドン五輪で銅メダルを獲得した荻野公介選手がいます。

 

最初は平泳ぎ専門でしたが、「平泳ぎの練習ばかりするのは楽しくない」と直談判し、個人メドレーに転向したそうです。

高校時代は友達と遊ぶことが楽しく、練習をサボりがちになって大会でも記録が残せない時期がありました

 

しかし、「咲子のタイムがでないのはお母さんも悲しい」というお母様の言葉と、

今まで協力してくれたご両親の感謝の気持ちで、もう一度頑張ろうと決意しましたようです。

 

猛練習を重ね、高校3年のインターハイでは400m個人メドレーで見事優勝という結果を得ました。

優勝はしたものの、高校までああまりパッとしなかった清水選手。

 

日体大に進学し、日本トップレベルのなかで練習し、負けちゃいけないという競争心で努力を重ねていき能力が少しずつ開花しました。

前記録保持者で、同級生で共にリオ五輪400m個人メドレー代表選手である高橋美帆選手と身近なライバルとして、切磋琢磨しうあことも刺激になったのだと思います

 

清水咲子のコーチと水着は?

まず、清水咲子選手のコーチですが、藤森善弘(ふじもりよしひろ)コーチですね。

日本体育大学スポーツ局競泳ヘッドコーチで、JOCオリンピック強化指定コーチでもあります。

 

シドニー五輪の銀メダリストである田島寧子選手をはじめ、数々のトップスイマーを育成しています。

清水選手は日体大入学以来師事しており、現在もミキハウスで勤めながら日体大で練習に励んでいます。

水着は?

清水選手は山本化学工業株式会社『ゼロポジションプロゲッショナル』というトレーニング用の水着を使っています。

他にも同じ女子400m個人メドレーの高橋美帆選手、男子200m平泳ぎの小関也朱篤選手などがこのトレーニング水着を取り入れ、リオ五輪への切符をつかみました。

 

水泳の最大の敵は「抵抗」です。ゼロポジション水着を着用することで、より抵抗の少ない姿勢を自然な形で学習することができるそうです。

初心者用やジュニア用もあって価格は15,000円です。気になる人は楽天市場やAmazonなどのネットショップで見てみてくださいね。

 

<スポンサーリンク>

練習・トレーニングは?

個人メドレーはバタフライ→背泳ぎ→平泳ぎ→自由形と順に同じ距離を泳ぐ種目です。

多少の得手不得手はあるものの、どれもそれなりのタイムが出る必要があります。
清水選手はもともと平泳ぎ専門で、平泳ぎには自信があっても背泳ぎが苦手でした。

背泳ぎは唯一仰向けで泳ぐ種目なので、他の種目と使う筋肉が違いますよね。

そのため、ウェイトトレーニングに励んだそうです。

苦手克服でレース全体のバランスがよくなり筋力が増したことで他の種目のフォームも安定して、記録がのびていったんですね。
また、メンタルトレーニングにも励んだそうですよ

自分より体格に恵まれている海外の選手をみて「自分より速いんだろうな」とレース前から弱気になっていた清水選手。

これでは練習通りの実力は出せませんね。今では「自分は絶対にできる!」と思えるようになったそうです。

 

ウェイトに関しては賛否両論ありますが、私は反対派ですね。

筋トレをやるなら自重で十分だと思います。

自分の体重を以上の負荷・筋肉は必要ないはずです。

スピードを求める競技においては、特にそうですよね。筋肉が付けば重くなりますから。

しかも、水泳ともなれば身体が沈み、前面に水の抵抗が大きくなります。

それでも、多くの選手はウェイトをやっていてるようで、デカい選手が多いですけどね。

もちろん、やってない人もいますよ。

まとめ

以上、清水咲子選手について調べていきました!
清水選手はリオ五輪競泳日本代表の選手で、種目は400m個人メドレーです。

ゼロポジションプロフェッショナルというトレーニング水着を着用し、日体大入学以来師事している藤森コーチのもと、練習に励んでいます。

ウェイトトレーニングだけでなく、メンタルトレーニングも重ねてリオ五輪への切符をつかみました。
気負いしすぎず、楽しんで活躍できるよう応援したいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です