なにわ淀川花火大会2016の打ち上げは何発?出店&会場の場所も!

大阪夏の風物詩といえば、なにわ淀川花火大会。

2016年!今年もその季節がやって来ました!

毎年8月第2土曜日に開催されるこの大会、今年は8月6日です。
雨天決行ですが、荒天に限り、予備日として8月7日に順延されます。

開催時間は例年より10分早まって19時40分からオープニングです。
フィナーレの20時40分まで、およそ1万発の花火が打ち上げられます。

見どころはやはり、なにわ淀川花火大会名物 水中花火とスターマインの共演です。
打ち上げ花火と違って、花火職人と花火師の腕が試されるのです・・・と、ちょっと、業界用語で難しいですよね。

ここで解説!
水中花火は名前のとおり、淀川の水面に半月状に開くように打ち上げることから名付けられました。
スターマインは「速射連発花火」のこと。

いくつもの花火を組み合わせて短時間に数百発の大量の玉を連続して打ち上げるのです。

ちなみに、なにわ淀川花火大会では「いてまえ」スターマインと呼ぶとか呼ばないとか。

<スポンサーリンク>

会場はここ!

打ち上げ場所はもちろん、淀川河川敷。

もっと正確に言うと、淀川区新北野1-5の付近になります。

 

 

ここを中心に観覧エリアが大きく2つに分かれます。

まずは十三(じゅうそう)会場。

JR神戸線「塚本駅」下車、徒歩15分もしくは阪急電鉄「十三駅」下車、徒歩15分で到着です。

十三駅界隈は、疲れたサラリーマンの喉を潤す繁華街でもあるので、

こちらの人混みを避けるなら、阪急南方駅や阪神姫島駅などを利用して向かった方が良さそうです。

bandicam 2016-07-17 13-04-58-196

もうひとつは梅田会場。

JR大阪環状線「JR大阪駅」下車、徒歩20分または阪急電鉄「梅田駅」下車、徒歩25分で行けます。

こちらも中津駅、福島駅、野田駅、淀川駅からも向かうことができますが、どの駅もホームが狭いことが難点。

混雑時はとても危険な状態になるので、利用は避けた方がよさそうです。

花火大会当日は交通規制が敷かれます。

車両はもちろん、自転車やバイクなどもNG。公共交通機関を使って会場に向かいましょう。

毎年40万人から50万人の人出で大混雑しますので、早めに会場入りするのがお勧めですよ。

大会の穴場スポットは?

これだけの人出がある大会、人の頭ばかり見る羽目になるのもつらいですね。

ここでは会場にほど近くにある意外な穴場をご紹介します。

まずは本庄公園近辺。会場近くの河川敷で、花火がキレイに見えますよ。

・日本ペイントビル前もお勧め。

ちょうど花火を見上げるような感じ。

わりと空いているので絶好の鑑賞ポイントですね。

・海老江地区野球場も河川敷の穴場スポットです。

河川敷ならではの迫力ある花火を堪能することができます。

・新御堂筋の西側は、打ち上げ花火を見るには快適です。

屋台が並んでいるので食べるには絶好の場所。

にぎやかですし、お祭り気分を楽しめますよ。

・梅田スカイビル空中庭園展望台は、花火大会当日は23時まで営業を延長してくれます。

食事もトイレも気兼ねなく行けますね。

<スポンサーリンク>

屋台は?出店の時間は?

美しい花火だけでなく、やはりお食事も楽しみのひとつ。

花火大会当日は国道176号線沿いの歩道から十三会場まで500を超える屋台が河川敷にところ狭しとばかり並びます。

当日はとにかく河川敷が食品のるつぼと化します。

メーンディッシュ系の焼き鳥、お好み焼きをはじめ、変わりどころとして富士宮焼きそば、はしまき、チヂミなど。

ほかにも、デザート系ではマンゴープリンにフルーツ串、丸ごとイチゴシャーベットなどなど。

いずれも2015年のデータですが、今年もフルラインナップするでしょう。
一方梅田会場には屋台の数がとても少ないため、お祭り気分を味わって屋台も花火も楽しみたいのなら、

屋台の出店時間の16時には十三の屋台エリアに出向いて、屋台を存分に楽しんでから花火をみるというのが良いですね。

というのも屋台は花火大会が終わる頃には徐々に在庫処分セールが始まり、22時頃には閉店してしまうからです。

その他、大会トリビア情報!

1989年から開催されているこの花火大会。

開催当初は十三の地元ボランティアと企業が協賛して始まった手作り花火大会で、その精神は今も引き継がれており、

ボランティアの方々によって支えられているとのこと。現在の名称に変更されたのは2006年の第18回大会からなんだとか。

日本の裏側のブラジルではオリンピックで湧いている夏の夜、なにわ淀川花火大会で日本の夏を味わうのもいいですね。
なにわ淀川花火大会では有料で席の案内をしています。

ゆったり花火を楽しみたいなら有料の協賛観覧席がお勧めです。

場所取りの苦労もありませんし、専用トイレも完備されているので観覧中も安心。

有料席には専用入り口から入場できるので、混雑も避けられるし言うこと無しですね。

なんと、納涼船もありますよ。川の流れに乗って、水面に映る花火を見るのもまたオツですね。
チケットは予約できます。完売が予想されるので、早めに手配しておくと良いかも知れません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です