羽賀龍之介の父親と母親は?彼女と結婚についても調査!  

柔道の羽賀龍之介 選手は生まれるべくして生まれた選手です。

ケガに手術、それに伴う多くの困難をもってしても活躍は止められない。
第三者である私たちからでも見えてくる辛い経歴ですが、その裏にはもっと多くの痛みがあったはずです。

それらを持ち前のひたむきな真面目さで乗り越えてきた彼。
その大切なルーツとなるご両親の存在と、たくましくてイケメンな彼の女性の影を追っていこうと思います。

<スポンサーリンク>

羽賀龍之介のご両親は?

なんと、お二人とも凄い方たちなのです。

父親は同じ柔道で、母親は競泳で輝かしい功績を残されていました。

父親の羽賀善夫さんから先にご紹介

国内外で様々な大会に参戦していますが有名なのは1987年の講道館杯の優勝ですね。

その後も2回続けて出場して優勝こそ逃すものの、どちらも2位3位と上位に食い込んでいます。

参加するだけでも大変な重量制限のあるスポーツでのこの成績は素晴らしいと思いませんか?
お写真拝見しましたが、貫禄ある優しい笑顔をされていましたよ。子である龍之介選手も年を重ねれば更にたくましくなりそうですね!

母親の方ですが、残念ながらお名前もお写真も見つける事ができなかったです。

羽賀龍之介の彼女と結婚について!

活躍を続けている龍之介選手ですが、その魅力で惹きつけているのは柔道関係者だけか?いや違います!

イケメンな上に強くて真面目な男性です。

世の女性たちが放っておくわけありませんね、こんな好条件な人材を。
とっても有名な人ですから浮いた噂の一つや二つすぐに見つかると思いました。
ですが、結論から言うと無いです。

彼女の噂すら見られなかったです。

今は柔道まっしぐらという事なのでしょう。

寂しく感じますが将来有望なのですからきっと、遠くない内に優しく微笑む方がすぐ横に現れるのでしょう。

それまでは龍之介選手の活躍に胸躍らせつつ、早く彼女くらいつくりなさいよと応援していきますよ。
父親と同じようにスポーツで活躍されている方か、それとも日常の中で出会った一般女性に惹かれていくのか。

第三者としてはそんな妄想をふくらますのも良いですね。

身長も186cmで肩幅もとても広いですからね。

こういうワイルドな男性に惹かれる女性はたくさんいるでしょう。

最近は色白でスラっとした感じの男性が多いですが、男たるものやはりいつ何時襲われても戦えるように

鍛えておくべきです!!

まぁ 戦国時代ではないので、今の時代に重要なのは知性のほうですけどね。

<スポンサーリンク>

羽賀龍之介の兄も柔道選手だった

羽賀龍之介選手ですが、実はお兄さんがいて柔道選手だったそうです。

お兄さんの名前は羽賀善之介さん

2012年に東海大学卒業して、その後は警備のバイトとかをしている様子がSNSに投稿されていました。

2016年現在は何をしている分かりませんが、2012年情報では名門・朝飛道場でコーチをしていたらしいです。

投稿を見る限りでは、2012年卒業後に学校に通っているので、もしかすると専門学校にでも通っているのかもしれません。

多分、柔道整復師とかの学校ではないですかね。

この辺りは情報がすぐに見つからなかったので単なる予想ですがね。

最後に

ご両親と今回は触れていませんがお兄さんも含めてスポーツマン一家の一人でした。

親が偉大すぎると子は凄まじいプレッシャーを感じる気がしますが、そんな事はなかったです。

むしろ、追いつけ追い越せの躍進ぶりでした。

ケガによる手術で辛苦を味わいつつも、しっかりと前を向き努力を重ねてきた結果ですね。

一番近い家族も多かれ少なかれスポーツに通じているのも大きいかもしれません。
まだまだ若い羽賀龍之介選手。日本という国としても、応援する一個人として見ても浮ついた噂も影もなく、柔道一筋の彼の姿勢は見習うべき事が多いですね。

この親にしてこの子あり、ということわざを体現しているその活躍を長く応援していきたいものです。
TwitterやFacebookもやっているそうなので、もっと深く知りたい方はそちらを見てみるのも良いとおもいますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です